トレイルハシルアラウンド

鎌倉脇道探索トレイルランナーのブログ。鎌倉の山で脇道探索・少人数トレランツアー・ナイトトレイル・ゴミ拾いして遊んでます。鎌倉情報やグルメ情報も発信。

SUUNTO 5を3か月使ってSUUNTO 9 BAROと比較してみたのでレビュー【スント5】

2019年11月にSUUNTO 5をSUUNTOのPR会社様よりご提供いただきまして、3ヶ月使用してみたのでレビューしていきたいと思います!せっかくSUUNTO 9 BAROも持っているので比較しながらレビューしていきます。(両方持っている人は少ないはず!)

SUNNTO 5 コンパクト、オシャレ、長時間バッテリー

 

3台目のスント、SUUNTO 5はバーガンディクーパーにしました!

スントの時計を使うのはこれで3台目。けっこう長いこと使っています。5年ぐらい?

1台目 AMBIT3 PEAK Sapphire

2台目 SUUNTO 9 BARO Black

そして3台目は、 

SUUNTO 5(Burgundy Copper)

f:id:trail1048:20191125223513j:plain

過去2台はブラックだったのと、SUUNTO 5は魅力的なカラーがたくさんあるので、悩みに悩み「バーガンディクーパー」を選んでみました。あまりスポーツウォッチっぽくないカラーなんだけど普段使いもしやすく、男性でも女性でもどちらでも使えるカラーなんじゃないかと思います。

ちなみにレビュー終わった後は奥様に使ってもらおうと思っています。自分はSUUNTO 9 BAROがあるので・・^^;

 

 

SUUNTO 5はコンパクト、軽くて薄い!

もともとAMBIT3やSUUNTO 9 BAROなど大きいサイズのスポーツウォッチを使っていたこともありますが、SUUNTO 5は軽い!薄い!

数字だけ見るとSUUNTO9より6グラム、SUUNTO 9 BAROより15グラム軽いだけに見えますが、腕に着けた感触はけっこう違います。あと文字盤の大きさと厚みも写真の通りコンパクト。高機能なGPSスポーツウォッチが欲しいけど少しでも身軽にしたい!って人はSUUNTO 5が絶対オススメです。

個人的には大きい時計が好きなのでSUUNTO 9(BARO)のサイズ感が好きですが正直ゴツいので、特に女性はSUUNTO 5のサイズ感がちょうど良いと思います。 

製品 SUUNTO 5 SUUNTO 9 SUUNTO 9 BARO
重量 66g 72g 81g
文字盤の大きさ 46mm 50mm 50mm
文字盤の厚み 14.6mm 16.5mm 16.8mm
ストラップ幅 22mm 24mm 24mm

 

左:SUUNTO 9 BARO 右:SUUNTO 5

ちなみに最近はこの片腕にダブルスントスタイルで走ってます(笑)

SUNNTO 5はコンパクト、軽くて薄い!

SUNNTO 5はコンパクト、軽くて薄い!



 

SUUNTO 5の洗練されたカラー展開!

カラーは全部で6種類展開のようです。(SUUNTO公式サイト参考)

  • Black Steel(ブラックスティール)
  • White Black(ホワイトブラック)
  • White(ホワイト)
  • All Black(オールブラック)
  • Burgundy Copper(バーガンディクーパー)
  • Graphite Copper(グラファイトクーパー)

モノトーンカラーでどのカラーもすごいオシャレ!

どのカラーも落ち着いた洗練された色味をしていて逆に色選び悩みます・・・!

 

1つだけ気になったのはBlack Steelのベルト止めるところ(ループというらしい)はなんでカラフルにしたんだろうか?(笑)

※調べてみたらBlack Steel(黒のループ)とWhite Black(白のループ)のみ交換用のループ付属されてるみたいです!モノクロ派も安心ですね。色けっこう重要!

SUUNTO5のカラー展開

 

 

 

SUUNTO 5のバッテリー持ち時間とGPS精度

タイムモード(時計機能のみ)、24時間追跡&モバイル通知(歩数とかスマホ連動機能使用時)のときのバッテリー持ち時間は上位機種のSUUNTO 9(BARO)と同スペックです。使っていた感覚的にもスペック通りな印象。モバイル通知使っていたので1週間ぐらいで電池が切れていましたね。

製品 SUUNTO 5 SUUNTO 9 SUUNTO 9 BARO
バッテリー:
タイムモード
14日間 14日間 14日間
バッテリー:
24時間追跡&モバイル通知
7日間 7日間 7日間
バッテリー:
GPS使用トレーニングモード
20時間 / 40時間 25時間 / 50時間 / 120時間 25時間 / 50時間 / 120時間

 

GPS使用トレーニングモード

肝心のGPS使用トレーニングモードはSUUNTO 9(BARO)と大きく異なります。

まずSUUNTO 5はパフォーマンスとエンデュランスの2種類の設定のみ。

  • パフォーマンス(GPS取得間隔:1秒、バッテリーの持ち:約23時間)
  • エンデュランス(GPS取得間隔:60秒、バッテリーの持ち:約47時間)

1秒間隔のGPS取得で20時間も持つので大半のユーザーはパフォーマンスモードで十分だと思います。仮にウルトラトレイルなどの100マイル(160km)レースでもエンデュランスモードであれば(もちろん走行タイムにもよるが)すべてのGPSログが取得可能。(参考:UTMF制限時間46時間)

SUUNTO 9(BARO)にはウルトラという設定があり、約120時間GPS取得可能なのでウルトラトレイル3回分ぐらいいけます(笑)イタリアのトルデジアン(330km)などの超ロングレースにも対応。

 

実はSUUNTO 5でもカスタムモードを使うとさらにバッテリー持ち時間を延ばせます。

カスタムモードで「GPS精度:OK」「ディスプレイ:10秒後にタイムアウト」の設定にすると、

  • カスタム(GPS取得間隔:120秒、バッテリーの持ち:約59時間)

となり、SUUNTO 5でも長時間のGPSログ取得が可能になります。(もちろんGPS精度は落ちます)

SUUNTO 5のバッテリー持ち時間

 

こちらはパフォーマンスモード時のGPSログ。(白い道が舗装路、グレー破線がトレイル)ほとんど地図上のルートから逸れることなく高精度なGPSログが取得できています。

SUUNTO 5のGPS精度

ちなみに下記の青丸を付けた部分は、GPS精度が悪くてずれたわけではなく、実際ちょっと脇道に入ったログまでちゃんと取得してくれてます。5メートル強ぐらいしか脇道に入っていないです。途中でコンビニ寄ったらしっかりログ残ります(笑)

SUNNTO 5のGPS精度

 

 

 

その他のSUUNTO 5とSUUNTO 9(BARO)の違い

製品 SUUNTO 5 SUUNTO 9 SUUNTO 9 BARO
レンズの素材 ミネラルクリスタル ミネラルガラス サファイアクリスタル
液晶の解像度 218 x 218 320 x 300 320 x 300
タッチディスプレイ 無し 有り 有り

レンズの種類

レンズについて少し調べた感じだと

  • ミネラルガラス:一般的なガラス
  • ミネラルクリスタル:サファイアほどではないが傷に強いガラス
  • サファイアクリスタル:高級時計に多く使われる傷に強いガラス

らしいのでレンズの耐久性は

SUUNTO 9 < SUUNTO 5 < SUUNTO 9 BARO

の順っぽいです。SUUNTO 5の方が後に発売されたので9より上なのかもしれないですね。SUUNTO 5は3ヶ月使ってますが、全く傷ついていないです!

 

液晶の解像度

文字盤の大きさが違うので、解像度も変わってくるでしょう。

SUUNTO 9(BARO)が解像度が高いだけで、決してSUUNTO 5が低くて液晶が見にくいことはないです。気になるのはトレイルランニン「グ」で改行されてしまうことぐらいでしょうか(笑)

その他のSUUNTO 5とSUUNTO 9の違い

 

タッチディスプレイ

SUUNTO 5もSUUNTO 9 BAROも両方使ってて思うのは正直、時計にタッチディスプレイはあってもなくてもという感じです。無くてもデメリットにはならない!

 

 

 

SUUNTO 5の光学式心拍計

胸にベルト巻いたりしないで腕につけるだけで心拍を計測できるのでめちゃくちゃ楽です!心拍数が常にわかるので心拍数を見ながらトレーニング強度を変えたり、みたいなことができます。(ゆるゆるランナーなのでそこまでやってないですが・・)

SUUNTO 5の光学式心拍計

当たり前なんだけど肌に直接時計を装着しないといけないので、冬場にウェアの上から時計をつける(寒いので・・)と計測できないという・・。計測を諦めるか肌に装着するか・・自分は寒いので計測諦めます(笑)

※胸に巻く心拍ベルトを使用すればこの問題は解決します。

SUUNTO 5の光学式心拍計

 

 

 

SUUNTO 5のスマホ連動

地味にお気に入りの機能のスマホ通知機能。SUUNTO5とスマホ(iPhone、Andoroid)を連携させることができます。連携させることでスマホの通知がSUUNTO 5の画面に表示されます。(振動付きで通知!)

トレランなどアクティビティ中ってスマホの出し入れが面倒だと思うので出来る限り見る回数は減らしたいと思うので便利な機能だなと思います。個人的にはアクティビティ時よりも日常生活で通知を時計で見るパターンの方がけっこう多いかも?意外と使っています。

SUUNTO 5のスマホ連動

 

 

 

SUUNTO 5の価格

必要十分なバッテリー容量、GPSログ取得、光学式心拍計、スマホ連動など高機能なGPSスポーツウォッチなので安い買い物ではないと思いますが、自分の走った記録がしっかりログとして残せるので満足度は高いと思います!

製品 SUUNTO 5 SUUNTO 9 SUUNTO 9 BARO
定価(税込) 47,300円 75,900円 85,800円

こちら定価なので量販店などではもう少しお安くなっているかと・・!

Amazonではなんと3万円代で売られています!(2020年3月1日現在)

 

 

 

SUUNTO 5のまとめ

軽くてコンパクトだけど機能充実ハイスペック&オシャレなGPSスポーツウォッチ!

コンパクトなのに高機能で必要十分なバッテリーというのがSUUNTO 5のなによりの特徴だと思います。SUUNTO 9だとオーバースペックという人はたくさんいると思うので、初心者ランナーからエリートランナーまで万人受けするGPSスポーツウォッチだと思います。

 

ちなみに最近SUUNTO 7という新機種が発売(2020年1月31日発売)されましたが、GPSスポートウォッチではあるけどスマートウォッチという位置づけのようでスペック見る限りSUUNTO 5やSUUNTO 9とは少し毛色が違う時計のようです。

GPSログも最大12時間とのことなので、バッテリー重視の人はSUUNTO 5やSUUNTO 9がオススメ。

 

こんな人に特にSUUNTO 5がオススメ!

  • 軽くてコンパクトなスポーツウォッチが欲しい!
  • GPSログもしっかり取得した!
  • ファッション性高い本格的なスポーツウォッチが欲しい!

 

 

 SUUNTO 9 BAROのレビュー記事はこちら

www.trailhashiruaround.com