トレイルハシルアラウンド

鎌倉脇道探索トレイルランナーのブログ。鎌倉で脇道探索・少人数トレランツアー・ナイトトレイル・ゴミ拾いして遊んでます。鎌倉情報やグルメ情報も発信。

床で寝るのは健康に良いかもしれない

f:id:trail1048:20160305075725j:image

ここ3週間ぐらい、この写真の床で寝てます。

 

疲れて床で横になったら朝まで寝ちゃった!

ってことはよくあることですが、最近は自ら進んで床寝(笑)さすがにフローリングに直で寝るのは身体が冷えるので、毛足短めのラグが敷いてある上に横になってタオルケットをかけて寝ています。枕はベッドの時と同じく使ってません。

 

床寝をはじめた切欠は、夏が近づいてきてベッドで寝るのが暑く感じてきたから。はじめはそれだけだったんですが、最近どんどん床寝に嵌ってきました。

 

 

私が感じる床寝のメリット

ベッドより涼しい

一般な室内で床と天井の温度は10~15度も違うらしいです(そんなに!?)体感としても数十センチとはいえ、やはり床に近いほうが涼しいわけで、暑くなってきた今の時期は床は快適です。

 

セミダブルベッドより広い寝床

ちょっと贅沢してリッチなホテルに泊まったときの大きなベッドって嬉しいですよね。まさにあの感覚(ちょっと違う 笑)どこに手足を伸ばそうが床なのではみ出る心配なし。セミダブルベッドという決められたサイズで寝るよりもなんだかリラックスして気持ちに余裕ができる感じ?(笑)

 

背中や腰に良い気がする

睡眠中や起床時に背中や腰の痛みを感じることはそんなにないんですが、ベッド以上に床の方が調子が良いような気がします。初めのうちは少し痛みもある気がしましたが、続けるうちのだんだんと慣れてきているようです。うちの奥様は身体が痛くなるから床で寝るなんてムリと言ってましたが(笑)

 

 


という感じで意外と快適に寝ています。途中で起きるということもなく朝までぐっすり。疲れが取れなさそうに思うけど、帰宅ランも問題なく走れてるしそんなことはなさそう。もともと寝つきも良く、熟睡してますが、床でも変わらず熟睡です。ベッド以上に寝つきは良いかもしれません。

 

検索するとけっこう床で寝てる人は多く、背中や腰の痛みが改善されたって人も多いように思います。
あっあとミニマリストの方も床寝派のようです。ひとり暮らしでもないので非現実的な話だけれど、究極はベッドを処分するという選択もアリかもしれない。ベッドって家の中でかなりのスペースを取っているので、あれが無くなるととても広く感じるだろうなぁ。ミニマリストな生活にも少し憧れます。

 

 

 

床で寝るの関連記事


 

 

 

こんな健康法もあるらしいので、そのうちじっくり読んでみます。